未経験歓迎の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? 看護師 未経験の記事一覧

看護師が夜勤を未経験からスタートする時の注意点は?

看護師が夜勤を未経験からスタートする時の注意点は、どういったものがあるのでしょうか?

夜勤に対して苦手意識を持たないようにするためには、最初が肝心、つまり未経験からスタートする時が大切なのです。

看護師が夜勤を未経験からスタートする時はどんな時?

看護師が夜勤を未経験からスタートする時はどんな時でしょうか?

というのも、看護師は夜勤をするのが当たり前、という風潮があるため、夜勤未経験がどんな時なのか、まずイメージがない方も多いと思います。

夜勤未経験でまず最初に挙がるのは、当然ですが看護師未経験です。つまり新卒の看護師ということですね。

新卒の看護師が病棟や救急外来で勤務する場合には、夜勤に入るものとして採用されているケースが多く、大体3ヶ月~1年の間で夜勤に入るようになります。

1つの目安は半年になっており、それよりも早くに夜勤に入る看護師は、仕事に慣れるのが早い看護師で、逆に1年くらいかかる看護師は仕事に慣れるのが遅い看護師というケースが多いです。

ただ、仕事に慣れるかどうか、覚えるかどうかという指標だけでなく、病院や部署の難易度によっても夜勤に入るタイミングが変わってきますので、夜勤に入るタイミングの平均値は、最初の面接時点で確認した方が良いかもしれません。

次に、夜勤がない部署からの転職というのがあります。

例えば新卒で病院のオペ室や外来、検査室などで仕事を行っていた看護師や、夜勤のないクリニックに新卒で就職した看護師も該当しますね。

最近では介護施設に新卒から就職する看護師もいますので、そういった看護師も該当するケースがあります。

この場合は夜勤に関しては未経験ということになりますが、既卒としての採用となるため、採用側が即戦力として採用していることがあります。

面接時に夜勤に入るタイミングや、研修がどのようになっているかは確認した方が良いかもしれません。

そして、最後にこのパターンも増えています。それは夜勤に入る前に転職する看護師です。

つまり、新卒で病棟などに就職したが、半年未満で退職し、夜勤の経験がないというケースです。

この場合には、即戦力として採用されるケースは少ない、いわゆる第二新卒として採用されるケースが多いです。

経験年数も1年未満のため、経験加算が全くつかないことが多く、ほぼ新卒と一緒です。

ただ、一度失敗していることになりますので、同じことを繰り返さないという強い気持ちが大切になってきます。

採用側も、早期退職を反省しているか、次こそはという強い気持ちを持っているかを重要視しています。

看護師の夜勤は未経験であること自体が問題ではない?

看護師の夜勤は未経験であること自体が問題ではないケースも多いです。

どういうことかというと、夜勤未経験による技術面よりも、夜勤未経験によって夜勤に慣れるかどうかが未知数ということの方が心配なのです。

つまり、夜勤が合わなくて体調を崩したりして退職することにならないか、ということですね。これは、夜勤未経験の場合、やってみないと分からないことです。

業務的なことは、夜勤未経験であっても、看護師として日勤帯の勤務経験があるため、それ程の心配はありません。

しかし、夜勤が合っているかどうかは、あなた自身も夜勤をしたことがなければ、夜勤をしないことには分からないのです。

夜勤はホルモンバランスを崩す要因になることもありますので、夜勤が自分に合っているかどうかは、慎重に見極めることが大切です。

看護師が夜勤を未経験で行いやすいのはどういったところ?

看護師が夜勤を未経験で行いやすいのは、どういったところなのでしょうか?

選択の基準として、病院の内容、例えば急性期か療養型か、などがあります。他にも、診療科目や部署なども検討する1つの要素になります。

しかし、あなたが自分自身で、あなたにとっての夜勤未経験でも大丈夫なところを探すのは困難です。

というのも、病院の内容、部署、診療科目などの特徴によって、どのように夜勤が違うかが自分では分からないためです。

仮にある程度のイメージがあったとしても、それはイメージでしかなく、実際に自分が仕事をした時にどうなのかは分からないのです。

夜勤が未経験なのであれば、まずは看護師転職支援サイトを活用し、様々な職場での夜勤の様子を確認し、より実際に近いイメージを持てるようにしましょう。

未経験者歓迎の求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    未経験者歓迎の求人なら看護roo!が一番のオススメです。対応エリアは関東・関西・東海のみですが、あなたが未経験で不安に感じている部分を強力にサポートしてくれます!

このページの先頭へ